貸し会議室を借りるとき、どのエリアを選べばよいか迷うことも多いでしょう。
よく選ばれる代表的な人気エリアとそれぞれの特徴、会議の内容や参加者の移動手段など、さまざまな要因を考慮した、お役立ちエリア選びをご紹介します。

1.東京

日本の中心、東京駅を有する東京エリアは、アクセスナンバーワンの立地です。丸の内や日本橋などビジネス街にも近く、落ち着いた雰囲気が魅力。周辺には、皇居、証券取引所、老舗ホテルやショップ・デパートなどの商業施設が集中しており、東京駅構内にも各種店舗が充実しています。
アクセス抜群のこのエリアは、新幹線を利用して各地から参加者が集まるような会議の会場に向いています。また、JR、地下鉄駅の接続も多数あり、都内各所からの移動にも便利です。

2.浜松町

浜松町は、さまざまな場所からアクセスの良いエリアです。羽田空港への接続の良さにプラスして、新幹線のターミナルとなる東京駅と品川駅の中間地点でもあります。都営地下鉄2路線の大門駅も利用しやすく、ビジネス展示会などに便利な東京国際展示場へも、ゆりかもめや水上バスで簡単に移動できます。
さらに、浜松町駅に隣接する芝離宮(しばりきゅう)だけでなく、徒歩圏内に、浜離宮、東京タワー、増上寺、芝公園など、観光ポイントにも恵まれています。東京港も近いので、開放的な雰囲気も楽しむことができます。アクセスの良さとリフレッシュできる環境の2つがそろう貴重なエリアです。

3.品川

新幹線の乗り入れでますます便利になり、巨大ターミナルへと変貌しつつある品川は、駅構内の充実ぶりに目を見張るものがあります。東京駅ほどではないものの、駅前には有名ホテルやショッピングセンターもあり便利です。渋谷、新宿、横浜など、首都圏の西側へのアクセスが良いのも特徴といえるでしょう。
山手線の内側、高輪口サイドは、今も大名屋敷の名残がある落ち着いた雰囲気で、品格あるエリアとして好まれています。駅をはさんで反対側、港南口サイドは新開発も進み、さまざまな飲食店も豊富です。駅からの連絡もスムーズな場所に位置しているので、会議後に懇親会を開く場合にも最適な立地でしょう。

4.晴海

晴海は、銀座にほど近い東京湾に面したエリアです。東京駅、有楽町駅から車で10分前後に位置し、オフィス街や繁華街から離れていますが、その分、静かに集中できる立地と言えます。研修やセミナーにおすすめです。
また、東京国際展示場に近いので、展示会への誘導を兼ねた会議や研修にもぴったりです。初日は展示会の見学、2日目以降は会議や研修など、長期滞在型なら、ホテル機能も併せ持った施設が便利でしょう。

5.大阪ベイエリア

大阪ベイエリアは、中心地からは外れていますが、大阪駅・空港からいずれも30~40分の距離です。他都市から新幹線や飛行機で来る参加者だけでなく、大阪の中心地から来る参加者にとっても、移動に時間がかかりますが、人気のエリアとなっています。その魅力とはなんでしょうか?
街中を外れてベイエリアで開催する利点は、「非日常性」です。いつものオフィス街を抜け出せば気分も変わり、新しいアイディアも生まれやすくなるでしょう。貸し会議室の無料送迎サービスを賢く活用すれば、移動手段の問題もクリアできます。

適切なエリアを選んでスムーズな会議運営

貸し会議室選びは、室内環境もさることながら周辺エリアにも配慮が必要です。参加者が移動しやすいことはもちろん、落ち着いた環境、開放感のある環境など、エリアごとの特性も加味して選びましょう。会議に適したエリアを選ぶことができれば、会議運営もよりスムーズになります。

『貸し会議室・人気エリア』にお勧めの会場はこちら