貸し会議室を研修やセミナー会場として活用する企業が増えています。研修やセミナーを開く際に必要な備品類が揃っており、プロジェクターなどの設備が充実していることが理由に挙げられます。さらに、会場設営が簡単で、スムーズな運営を行うための補助サービスがあることなどが挙げられます。
多くの利点がありますが、これは貸し会議室が持つメリットの、ほんの一部でしかありません。有効活用することで、企業にとって欠かせない社外アシスト役になる貸し会議室。そのメリットについて紹介します。

貸し会議室の「さらなる」メリットとは?

貸し会議室が持つ最大の特徴は、必要なときに必要な時間・日数だけ利用できるところにあります。
多くの企業が、社内スペースの有効活用を模索している現在、利用頻度の少ない「大型の会議室」「研修ルーム」「セミナールーム」は、維持費だけ考えても負担になっていることは否めません。
企業にとって、ランニングコストの削減は課題です。特に中小企業は、経費削減が直接的に経営に関わる問題であり、ムダなスペースの維持・管理にかける余裕がない場合もあります。
もちろん、貸し会議室を使用するには、料金が発生します。しかし、必要なときに必要な時間だけ借りればいいので、地代や維持・管理費を考えると、はるかにコスト・パフォーマンスの高い方法です。
そうした事実をふまえて、貸し会議室の具体的なメリットをみていきましょう。

自社内にある利用頻度の低いスペースを有効活用できる

「会議室」「セミナールーム」「研修室」などに使っていたスペースを、より利用頻度の高いスペースに使用できます。例えば、ある企業では、社員のモチベーションを高める目的で、「カフェ形式の談話室」に作り変えました。多くの社員から評判がよく、日常的に活用されています。

目的に応じた施設を選んで利用できる

社内で行う会合でも、会議、セミナー、研修など、それぞれ目的が違います。当然、使用する場所の規模や雰囲気、必要な備品類も異なるため、その都度準備が必要です。貸し会議室には、規模ごとに用途設定があり、設備もさまざまなものが揃っているので、目的に応じて便利に利用できます。

来場者の移動手段を考えた会場設営ができる

セミナー、研修などでは、全国から来場者が訪れることも珍しくありません。貸し会議室は、ターミナル駅のそばにも多くあり、場所を選んで借りられるため、来場者の移動を考えた会場設定が可能になります。

グレードの高い施設を利用できる

貸し会議室には、グレードごとにいくつかのタイプの施設があります。会社のブランディングイメージを考えたとき、グレードの高い施設を借りることで、来場者へ好印象を与えることができます。ホテルを利用するより安価なのも嬉しいポイントです。

宿泊施設と併用した「泊まり込みの研修」が可能

貸し会議室の中には、宿泊施設と提携しているところもあります。そのような施設を利用することで、数日間に渡る研修やセミナーを開催できます。遠方の来場者も安心して研修・セミナーに参加でき、会社の価値を高めることにつながります。

高価な機材・資材を手軽にレンタルできる

プレゼンやセミナーなどで使用する機材などは、使用頻度の低い大型の備品がほとんどです。社内で保有するのは、保守・管理を含めると、非常にムダの多いものです。貸し会議室では、例えば、大型のプロジェクター、テレビ会議システム、音響設備などが用意されており、専門スタッフによる設置も可能なので手間がかからず活用しやすいという利点があります。

貸し会議室はアウトソーシングな施設

貸し会議室は、スペースレンタルサービスです。そのため、運営事業者の了解があれば、あらゆる目的のために利用できます。
会議・研修・セミナー・プレゼン以外にも、展示会、試験会場、マーケティングリサーチ、撮影スタジオ、社内イベント会場など、さまざまな用途に活用してみましょう。
企業のアウトソーシング施設として、好みの貸し会議室を見つけてみてはいかがでしょうか?

『研修・プレゼン・セミナー会場』にお勧めの会場はこちら