人材紹介会社は、今やサラリーマンの個人エージェントともいえる存在。優秀な人ほど、より高い報酬ややりがいのあるポストを求め、キャリアエージェントとして人材紹介会社をうまく活用しています。人事部としては、これを見逃すわけにいきません。
そこで、優秀な人材を効率良く採用するための秘訣となる、人材紹介会社との付き合い方について見ていきます。

人材紹介会社のポテンシャル

人材紹介会社のポテンシャル

人事部が社員募集をかけ、自ら人材を確保する時代は終わりつつあるのかもしれません。人材紹介会社は、独自のノウハウで優秀な人材情報を収集しています。人材バンクとも呼ばれるとおり、金融における銀行のように、人材情報を保有、必要な会社へ流すのが業務です。

そのため、優秀な人材を効率良く採用するなら、人材紹介会社を活用しない手はありません。単なる求人紹介の枠を超えて、多くのポテンシャルを秘めているのが最近の人材紹介会社です。

在職者の人材紹介も魅力

現在、職に就いていて、自ら積極的に求人広告を見ないような人材を紹介してもらえるというメリットもあります。そういう人材は、キャリアアップにつながりそうな仕事の紹介をしてもらえるよう、人材紹介会社にあらかじめキャリア登録をしています。自社で募集するだけでは探しきれない人材を採用できるチャンスになるでしょう。

スカウトスタイルの人材紹介もあり

スカウトするような感覚で、特定の人材を紹介してもらうことも可能です。例えば、同業なので会社としては直にコンタクトを取ることがはばかられるような人材に、人材紹介会社を通してアプローチするといった場合です。欲しい人材に会社側からアクセスできるので、効率の良い採用につながります。

人事部と人材紹介会社との付き合い方

人事部と人材紹介会社との付き合い方

効率的な採用に結びつけるためには、人材紹介会社との付き合い方が重要です。その際、募集人数や必要な資格など、一般的な募集要項にある情報を伝えるだけではNGです。どんな人材が欲しいのかを、より具体的に伝えることで、人材紹介会社もピンポイントな紹介を行うことができるようになるでしょう。期待する役職やポジション、これまで取り扱ってきた商品やサービスについてなど、募集広告には載せきれない細かな要望を伝えます。

また、他社に知られたくない極秘プロジェクトや、新製品開発のための人材を採用したいようなときにも、人材紹介会社を大いに活用したいもの。募集告知を出すことで、会社の動向や戦略を広く一般に知られてしまうといったリスクを避けられます。人材紹介会社は、自社に代わって希望の人材を採用するため、人事部を陰から支えてくれるでしょう。

紹介だけが人材紹介会社の仕事ではない

応募者との交渉を人材紹介会社に任せるという方法もあります。採用にあたっての条件のような、直接やりとりするのに気を使うことを、人材紹介会社に依頼するのです。人事部の手間が大幅に省けるでしょう。

また、会社の求めるレベルに満たない応募者をふるいにかけるような、採用過程での業務を任せることもできます。数々の人材を見てきたプロの視点で応募者と接してくれるので安心です。単に人材を紹介するだけが人材紹介会社の仕事ではありません。採用に至るまでのプロセスの要所要所でフォローしてくれる存在でもあるのです。

上手に活用してより良い採用を

人事部の負担を減らすため、一般募集は新入社員のみ、中途採用は人材紹介会社に一任する会社もあります。スキルの見極めが難しいキャリア採用こそ、採用のプロとも言える人材紹介会社の得意分野です。自社の人事部で何もかもやるのではなく、このような会社を活用するのが、より良い採用につなげるコツと言えるでしょう。

参考:
人材紹介のメリット|採用エージェントNavi
人材採用“ウラ”“オモテ”|日本の人事部