全国の店舗から店長が集まる会議は、企業運営に欠かせない重要なもの。忙しい業務の一環として行われる会議では、手際の良い進行が求められます。会議の目的によって準備も異なるため、主催者は臨機応変な対応が必要です。エリア店長会議、全国店長会議など、規模や目的によって会場の条件や、資料の内容も変わってくることでしょう。店長会議をスムーズに運営するために、取り入れてほしいちょっとした工夫をご紹介します。

1. 早めの日時設定で店長不在の負担を減らす

店舗の全責任は店長にあり。人材や収支の管理など、店長の肩にかかる負担は大きなものです。特に、不在時の人員配置などの対応は早めにしておきたいと考えるのは店長として当然のこと。突然のスケジュール調整は、店長だけでなく店舗全体に負担をかける可能性があります。無理な調整を避けるためにも、店長会議の開催日時は余裕をもって設定、通達したいものです。定期的な会議を実施する場合、できるだけ業務に差し障りのない一定の日時を設定するのが良いでしょう。固定した日時をあらかじめ決めておけば、スケジュールも立てやすく業務の調整が行いやすくなります。もしくは、実施日は、本部業務を減らすといった対策を行うのも得策です。

2. 開催場所にも配慮を

店長会議には地方からの参加者も多いことでしょう。慣れない本社への出向は、参加者に意外と負担をかけるもの。本社の場所がわかりにくかったり、交通の便が悪かったりすればなおさらです。
移動にかける時間のロスを防ぐために、本社にこだわらず、利用しやすい場所で会議を開催するのも一案です。ターミナル駅周辺で、駅から近いエリアにある貸し会議室を利用すれば、日帰りもスムーズです。

3. 課題共有の機会を設ける

店長会議では、業績報告や本社からの通達といった報告事項に終始してしまいがち。本社からの一方的なリードではなく、参加者が積極的に発言する時間も必要です。貴重な時間を割いて実施する店長会議ですから、単なる報告会ではなく具体的な目的をもって行いましょう。
例えば、各店舗が抱える課題を共有する内容を、取り入れてみてはいかがでしょうか? 同じ立場である参加者同士で事例を検討すれば、解決への近道となります。会議当日に発言を集めるのではなく、前もって課題を提出してもらうと会議の流れもスムーズです。

4. 地域別、規模別の分科会を

全体会議の後は、地区別や規模別などで分科会を開催してみましょう。地域の特性や規模による違いなど、共通する問題に取り組めます。全体会議と比べ、ニッチな課題をテーマにできる分科会は、具体的な対応策を練るのに適しています。
少人数で行うため、分科会には個別の会議室が必要です。人数に応じた部屋をセッティングしておくことで会議への集中力も高まります。

5. 懇親会を同時開催しよう

店長同士が気軽に会話できる機会として、会議後に懇親会を行うのもおすすめです。日頃の疲れを労い、交流を深める場としても効果的といえるでしょう。プライベートな話題で盛り上がれば、仕事仲間としての親密度も上がります。気軽な会話から、ビジネスのアイディアや共有できる課題が見つかるかもしれません。
会議の後、そのまま同じ場所で懇親会を実施すれば、移動の手間も省けます。ケータリングサービスを活用すれば、手間もかからず、参加しやすい雰囲気を作ります。短時間の懇親会であっても、実りのある時間となることでしょう。

より良い会場選びに、貸し会議室の活用を

スムーズな店長会議の運営に当たり、会場選びはとても大切です。便利なアクセス、人数に適した部屋、懇親会にも活用できる会場として、貸し会議室がおすすめです。分科会や懇親会の実施でリフレッシュしながら、店長にとって価値ある会議を実現しましょう。

『店長会議』にお勧めの会場はこちら