キャリア研修のなかでも、女性に向けて開催される研修会は、より細やかな配慮が求められます。女性は、研修会場の気配りによく気付くもの。参加者が気持ち良くいどめるよう、より良いセッティングを心がけましょう。
女性向けのキャリア研修を企画する際に、おさえておきたい5つの配慮をお伝えします。

1. きれいな会場と清潔な印象を与える設備の選択

明るく清潔な印象を与える会場からは、居心地の良い安心感を得られます。暗くジメジメした環境では、不快感があり、研修へのやる気も低下してしまいます。集中力を高められるクリーンな会場を選びましょう。
研修会場だけでなく、トイレや喫煙ルームといったリフレッシュスペースにも配慮が必要です。女性用トイレの数が少ない会場は、時間のロスも生み出します。女性向けのキャリア研修には、関連設備のチェックもしっかり行いましょう。

2. おしゃれなケータリングでモチベーションアップ

キャリア研修中の食事は、交流会をかねた大切な時間。研修会場内で行えば、移動の負担もなく、休憩時間も十分に取れるため一石二鳥です。会場におしゃれなケータリングを準備すれば、気分も上がり、良いリフレッシュになります。午後からの研修に向けて、モチベーションも高まることでしょう。
食事量を確保したい男性と比べ、少量でも彩りが良くメニューの種類が多いものが女性には好まれます。新鮮な野菜サラダ、美しくパッキングされたランチボックス、温かいスープなども、女性にはうれしい心づかいです。フルーツやミニケーキなど、食後のデザートを準備することもお忘れなく。

3. 研修の合間に「スイーツタイム」を

糖分は脳にダイレクトに届く栄養素といわれています。脳をフル回転させるキャリア研修では、スイーツを上手に取り入れることで、参加者の集中力が高まります。
とくに、女性はスイーツが大好き! 研修の合間にちょっとしたお菓子を取り入れるだけで、気分転換にもなります。スイーツタイムを設けて、効率的な研修にしましょう。

4. 宿泊場所の安全配慮

宿泊を伴うキャリア研修では、ホテル選びにも注意が必要です。会場に近いだけでなく、治安の良い地域に立地していること、ホテル内のセキュリティがしっかりしていることなど、安全の確保は最低条件といえます。また、女性専用フロアを設定しているホテルを選ぶのも良いでしょう。
室内に加湿器を備えていたり、女性客を意識したアメニティグッズが置かれていたりと、夜もくつろげる環境があると主催者への好感度もアップします。ゆっくりと休んで鋭気を養い、キャリア研修に100%の状態でいどめるように、隅々まで配慮しておきましょう。

5. 女性スタッフのいる会場選び

会場選びに迷ったら、女性スタッフが常駐する貸し会議室の利用を検討してみましょう。主催者側が男性スタッフだけの場合はとくに、会場の女性スタッフが大きな力を発揮してくれるでしょう。
貸し会議室によっては、コンシェルジュサービスが利用できます。当日の運営だけでなく、準備においてもさまざまなサポートをし、主催者をフォローしてくれる存在です。こういったサービスの有無も視野に入れて会場を選んでみては? 女性コンシェルジュのいる貸し会議室なら、研修にもぴったりです。

細やかな配慮でキャリア研修をバックアップ

ストレスのある環境では、落ち着いて研修に集中できません。女性向けとの研修であれば細やかな配慮が喜ばれます。主催者の配慮が伝われば、参加者もやる気をもって取り組んでくれるはず。お互いが納得できる研修を実現させましょう。

『(キャリア)研修』にお勧めの会場はこちら