株主総会は、自社の経営状況や今後の展望について発表するもの。企業経営における株主の理解を促し、さらなる援助への約束を勝ち取るための場でもあります。株主にとって、総会に参加するメリットは多くありますが、その中でも当日のお土産を楽しみにしている投資家も多いようです。
各社が知恵を絞って、喜ばれるお土産を提供しています。自社のファンを増やすお土産選びについて考えてみましょう。

1.やっぱり多い自社のお土産

企業の社会的な役割や、サービス内容を伝えるためには、自社の製品やサービスを体験してもらうのが一番です。株主への対応も同じく、自社で展開している主力商品や新製品などをお土産として用意する会社が多くみられます。

圧倒的に多い自社製品の詰め合わせ

一般向けの販売商品を取り扱う場合、人気シリーズや新しく出た商品を詰め合わせたお土産を準備する企業が多いようです。食品や日用品などは、日常生活で消費するため、だれもが利用しやすいもの。毎回配布するお土産として定着させることで、さらに日常に取り入れる機会を増やしてもらえるのではないでしょうか?

自社店舗の割引クーポン券

株主優待とは別に、株主総会のお土産としても割引クーポン券を活用する企業もあります。特に、フランチャイズ系の飲食店や小売店なら、全国で使えるため、活用しやすいものです。株式総会だけの特別メニューを用意してもよいでしょう。企業にとっても、コストをかけずにお土産を用意でき、客足も伸ばせるのが魅力といえます。

自社施設利用の招待券

スポーツ施設、娯楽施設などを経営する企業なら、無料の招待券もおすすめです。自社の施設利用を促すだけでなく、実際に使ってもらうことで企業のファンを増やす賢いお土産です。利用後の意見を聞いて経営にフィードバックすれば、相互コミュニケーションのツールとしても活用できます。

2.みんなに喜ばれるお土産

自社商品に限らず、話題の商品、人気のサービスを選んで、お土産にするのも喜ばれます。普段、自分ではあまり購入しないものや、お土産のために作られたレアな製品など、ちょっとした工夫で、株主の心をつかみましょう。

有名店の人気スイーツ

話題になった有名店の人気スイーツは、一度は食べてみたいもの。お土産にはしにくいサービスを提供する会社によく選ばれています。日持ちのするものをチョイスすれば、遠方からの参加者にも負担がかかりません。ただし、選ぶスイーツによっては、早い段階で予約を行わなければいけないことも。人気スイーツを確保するためには、早目の準備が必要です。

3.地方色豊かな個性派お土産

地方に本社や工場を有している場合や、ルーツが地方にある場合は、その土地ならではの産品を株主総会のお土産にするのもおすすめです。都心部ではなかなか入手できない地元の名産品、その地方に昔から伝わる伝統工芸品など、探してみると意外な名品が見つかるかもしれません。

4.シンプルな金券カード

商品券や図書カード、クオカードといった金券カード類をお土産にする企業もあります。株主も自分の好きなものを購入できるうえ、かさばらないので、総会後の移動時にも負担が少ないのが魅力です。会社のロゴや、人気のキャラクター入りでデザインすれば、貴重なオリジナル金券カードとして喜ばれます。

目的を持ったお土産選びで株主の心をつかむ

株主総会のお土産は、とくに個人投資家にとっては楽しみなものです。知恵を絞って、意味のある品を選び、企業のファンを増やしましょう。もらってうれしいだけでなく、自社製品やサービスの理解度を深め親近感を持ってもらうのもお土産の役目。目的を持ったお土産を用意し、株主の心をつかんでください。

『株主総会・お土産』にお勧めの会場はこちら